原因について | うつ病の症状には「パキシル」!個人輸入でジェネリックも!
色違いの薬

原因について

うつ病治療に使うパキシル。これがあればうつ病の症状に期待出来るので安心ですが、それ以前になぜうつ病になってしまうのか気になりますよね。気を付けておきたいところですが、うつ病は気を付けていても気が付けばなってしまうということもあるほどなりやすい病気のひとつ、その理由は心の病気だからです。

たとえば昔から打たれ弱く、何事にもくよくよしていた人がいるとします。些細な噂話に心を痛め、人の目を気にしている、こういった人がうつ病になりやすそうと思うかもしれませんが、必ずしもそうとは限らないのです。反対に、いつもあっけらかんとしていて、前向きでおおらかな人。うつ病とは無関係に思えますが、こういった人だってうつ病へなってしまう可能性もあるのです。それはその人が実際に心でどの程度ストレスを感じているかというのが大きなポイント。

うつ病になる原因としてよくあるのは、転勤や配属先の変更、転校や転職といった環境の変化、または親しい人との別離。このように突然いままでの「安心」から放り出されるような不安などが要因になることもあるといいます。
しかし、そういったマイナスイメージが原因かと思っていたらそれだけでもなく、結婚や昇格というような、本来であれば喜ばしいことですら原因となってしまうといいます。なんで?と思うかもしれませんが、これもまた環境の変化、うまくやっていけるだろうか?ちゃんと頑張らないと…そういったプレッシャーもまた要因になってしまうといいます。