気になる副作用は? | うつ病の症状には「パキシル」!個人輸入でジェネリックも!
様々な薬

気になる副作用は?

うつ病になってしまった際に飲んでおきたいお薬、パキシル。気分から変えてくれるお薬ということで、すぐにでも服用しておきたい!ところなのですが、気になるのは副作用です。
副作用とはご存知の通り、本来あるべき効果に伴って現れる有害な効果のことです。これはお薬にはどうしてもついて回るものであり、効果が大きい程副作用もでかい傾向があるものが多いです。
そんな副作用はもちろんパキシルにもあって、副作用はじつはきつめだといえるでしょう。それだけ効果が強く期待出来るということでもあるのですが…。

パキシルの副作用は、めまいや発熱、手足のしびれや口内炎などもありますが、従来のお薬によくあるような喉の渇きや便秘といったものは比較的少ないといわれています。もちろん人によっては症状があることもあります。
また、多くは無いのですが、神経過敏になってしまい、不安を感じたりイライラ、そわそわと落ち着かない気分になることがあります。ごくまれにセロトニン症候群を引き起こすこともあるといわれていますが、深刻に心配する必要はありません。心配なら医師に相談してみるくらいで良いでしょう。

不眠と眠気を引き起こすという、相反する副作用もあります。どっちなんだと言いたくなりますが、これは眠気は来るけれど眠りが浅いということをいいます。ほかにも太りやすくなる、妊婦が服用すると赤ちゃんに影響が出るといったものもあるので、服用する際には注意しておきたいポイントです。