ジェネリック医薬品も | うつ病の症状には「パキシル」!個人輸入でジェネリックも!
山積みにされている

ジェネリック医薬品も

パキシルを病院で購入しているという人もいると思いますが、値段が気になってしまうという人もいるでしょう。健康のためのお薬もタダではないので辛いところですよね。
そういえば、お薬といえばジェネリック医薬品という安価で買えるものがありました。同等の効能でありながら安価で買えるというジェネリック医薬品。パキシルのもあるのでしょうか?
結論から言うと存在します。安価でうつ病対策が出来るのです。

ところで、このジェネリック医薬品とは、何なのか…知っているようでよくは知らないなという人もいるかもしれません。なぜジェネリック医薬品は安価で同等となっているのでしょうか?
まず、ジェネリック医薬品とは後発医薬品という意味があるのですが、これに対し、新薬は先発医薬品といいます。つまり先に作られるのが新薬で、あとから作られるのはジェネリック医薬品です。このへんはなんとなくご存知かもしれません。新薬は新しくお薬を作るということですが、当然ゼロからになるので、作り上げるまでには莫大な時間と費用が必要になって来ます。しかしジェネリック医薬品はそうやって作られた設計図をもとに後から作るので時間も費用も圧倒的に抑えることが出来るのです。その分安く売りだすことが出来るので、私たちは少しのお金でお薬を買えるのです。